塗って剥がせるスプレーフィルムを使ってホイールのイメージチェンジに挑戦

塗って剥がせるスプレーフィルムを使ってホイールのイメージチェンジに挑戦

塗って剥がせるスプレーフィルムを使ってホイールのイメージチェンジに挑戦

注目のアイテム、『剥がせるスプレー』FOLIATECのスプレーフィルムをご紹介します。
こちらはホイールやボディ部分などに使用する事ができ、特別な下地処理を必要とせず手軽にクルマのイメージチェンジが行えます。
また、気に入らなくなったり失敗しても何度でも手軽に塗直しや塗替えが可能なスプレーです。

使用するアイテム


ホイールへの施工

ホイールへの施工

ホイールへの施工

純正ホイールへの施工でイメージチェンジを図ります。
使用するカラーはマットブラック。
※スプレー1本当たりでおよそホイール2本相当の施工が可能です。

タイヤ(ホイール)を外す

タイヤ(ホイール)を外す

タイヤ(ホイール)を外す

まず施工の前にタイヤ(ホイール)を外します。

マスキングする

マスキングする

マスキングする

塗装したくない部分(タイヤ・バルブ・ホイールキャップ等)をマスキングします。
※ホイールキャップなど外せるパーツは外しておきます。
マスキングテープやビニール、身近な新聞紙などを使用して、しっかりとマスキングして下さい。

脱脂する

脱脂する

脱脂する

施工するホイールの脱脂を行います。
油分や汚れが残っていると塗装がしっかり乗らない恐れがあるので、必ずパーツクリーナー等で脱脂を行って下さい。

施工前のポイント

施工前のポイント

施工前のポイント

寒い時やスプレー缶が冷えてしまっている時は、塗料がダマになって噴射してしまう時があります。
スプレーを吹き付けるまえに湯せんで少し温めてから使用する事が、塗装を綺麗に仕上げるポイントとなります。

ホイール塗装①

ホイール塗装①

ホイール塗装①

マスキング・脱脂ができればいよいよ塗装を行っていきます。

ホイール塗装②

ホイール塗装②

ホイール塗装②

FOLIATEC スプレーフィルムはムラになりにくい塗料ですが、慎重に均等に重ねながら塗り込んでいきます。

乾燥させる

乾燥させる

乾燥させる

スプレーの吹き付けが完了したら、すぐホイールを戻すのではなく、塗料を乾燥させます。
※気候や気温の差はありますが、およそ30分程度で乾きます。

マスキングをはがす

マスキングをはがす

マスキングをはがす

塗料が乾燥したら、マスキングを剥がします。
剥がせるスプレー塗料ですので、マスキングを剥がす際に塗装面が剥がれない用に、慎重にマスキングを剥がして下さい。
難しい場合はカッターを使用するときれいにマスキングが外せます。
その際、傷をつけないようにお気を付け下さい。

タイヤ(ホイール)を戻す

タイヤ(ホイール)を戻す

タイヤ(ホイール)を戻す

ホイールキャップを戻し、施工したタイヤ(ホイール)を戻します。

完成

完成

完成

残りの3本も同じ様に施工し完成です。
※スプレー1本で、ホイール2本相当への施工が可能です。

施工事例①

施工事例①

施工事例①

ボディのドアミラー部分にも施工できます。
※材質の劣化状態などによっては塗装・剥離できない場合もありますので、必ず目立たない箇所でテストし確認後に施工してください。

施工事例②

施工事例②

施工事例②

バンパーの塗り分け等にも利用できます。
※材質の劣化状態などによっては塗装・剥離できない場合もありますので、必ず目立たない箇所でテストし確認後に施工してください。

使用したアイテム


FOLIATEC スプレーフィルム カラー一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です