ドライブレコーダーの取り付け方 後編:取り付けと仕上げ

KENWOOD(ケンウッド) KNA-DR300 ドライブレコーダー

KENWOOD(ケンウッド) KNA-DR300 ドライブレコーダー

ドライブレコーダー取り付けと仕上げを行っていきます。
配線の準備と電源取り出しは「ドライブレコーダーの取り付け方 前編:電源の取り出しと接続まで」をご確認下さい。

ドライブレコーダーの取り付け位置

フロントガラス実長の20%以内

フロントガラス実長の20%以内

ドライブレコーダーは運転席側から見てルームミラーに隠れる範囲に取り付けます。
フロントガラス実長の20%以内の範囲に取り付けて下さい。

取り付けのポイント

貼り付け面を脱脂

貼り付け面を脱脂

エーモン 1700 両面テープ前処理剤 [HTRC3]
で貼り付け面を脱脂すると取り付けが確実です。

ドライブレコーダーを固定する

固定は付属の両面テープ

固定は付属の両面テープ

ドライブレコーダーは付属の両面テープで固定します。

配線を通す

Aピラーを外す

Aピラーを外す

ドライブレコーダーの配線はAピラーを通します。
配線を通す為、Aピラーを外します。

これがあれば心強い

配線ガイドで楽々

配線ガイドで楽々

エーモン 1161 配線ガイド
を使えば簡単に配線を通せます。

ドライブレコーダーに接続する

電源配線を本体に接続

電源配線を本体に接続

ドライブレコーダーの電源配線を本体に接続します。

電源と接続する

電源と接続

電源と接続

ドライブレコーダーのプラグを電源ソケットに接続します。

動作確認

エンジンをONにし動作確認

エンジンをONにし動作確認

エンジンをONにし(IG-ON状態)電源が入れば配線の接続が完了です。

配線をまとめる

純正配線に固定

純正配線に固定

Aピラーに通した配線を、配線バンド・配線止め金具などで純正配線に固定します。

完成

完成

完成

これでドライブレコーダーの取り付けが完成です。
純正シガーソケットを使わず電源を取り出して配線を隠すドライブレコーダーの取り付け方法は、プロショップでも取り入れられています。
プロのような仕上がりを目指したDIYでの取り付けを行ってみましょう。

使用したアイテム




You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です