BMW F20 (1SERIES) テールレンズの外し方

BMW F20 テールレンズの外し方

メンテナンスでのバルブ交換やドレスアップ時のテールレンズ交換、リバースバルブのLED化の際に必要なテールレンズの取り外し方をご紹介します。

ラゲッジを開ける

ラゲッジを開ける

ラゲッジを開ける

まずはラゲッジを開けます。

カバーを外す1

カバーを外す

カバーを外す

テールレンズは1点のナットと2点のピンで固定されています。
固定しているナットを外す為、カバーを外します。
カバーは2箇所のツメで固定されています。

カバーを外す2

カバーは指で外れる

カバーは指で外れる

カバーは指で簡単に外れます。
指を少しひっかけ外側に開きます。

カバーを外す 3

2箇所のツメを外すとカバーはとれる

2箇所のツメを外すとカバーはとれる

2箇所のツメが外れればカバーを取り外す事ができます。
カバーの内側にも引っかかりのツメがあるので注意して下さい。

固定ナットを確認

固定部分のナット

固定部分のナット

固定部のT10ナットです。
T10のソケットレンチなどナットを取り外せる
工具を用意して下さい。

テールレンズを外す前に

傷防止のため養生する

傷防止のため養生する

レンズがボディにあたって傷が入るのを防ぐ為に養生テープで保護します。
養生テープは接着力が弱くノリ残りしないテープなのでこういった作業保護にオススメです。

固定ナットを外す

ソケットレンチでナットを外す

ソケットレンチでナットを外す

T10のソケットレンチで固定ナットを外します。
車の固定ナットは8mm 10mm 12mm 14mm 17mmが多く使われています。
ソケットレンチセットを持っておくと便利です。

テールレンズを外す

まっすぐ引っ張ってはずす

まっすぐ引っ張ってはずす

固定ナットが外れたらあとは2点のピンで固定されているだけです。
ピンはまっすぐささっているタイプなのでテールレンズも真っ直ぐ引っ張ります。
外れにくい場合は若干上に持ち上げながら引っ張ると外れます。

カプラーを外す

カプラーを外す

カプラーを外す

テールレンズユニットとつながっているカプラーを外します。
カプラーを外した状態でエンジンをかけたりスモールランプを点灯させたりしないで下さい。
車の状態に影響はありませんがエラーログが残ります。

固定箇所の確認

固定箇所は3点

固定箇所は3点

車両側の固定箇所です。ナット1点とピン2点で固定されています。

固定ピンの確認

固定ピン

固定ピン

ピンはシンプルなものです。
これがささっているだけなので引っ張れば取れます。

固定ピンの位置

固定ピンは2箇所

固定ピンは2箇所

写真の丸の位置にピンはあります。

バルブを交換する時

バルブ交換の時はツメを外す

バルブ交換の時はツメを外す

バルブ交換の際はテールレンズの裏側にユニットが固定されているので外します。
写真のようなツメで数カ所固定されているだけなので簡単に取り外せます。

バックランプの交換

バックランプは左側のみ

バックランプは左側のみ

F20 (1SERIES)のバックランプは左側のみです。
なのでバックランプの交換の際は左だけテールレンズを外せは行えます。

右側はバックフォグランプ

右側はバックフォグ

右側はバックフォグ

左のバックランプ位置の右テールはバックフォグになります。
ここは交換の必要はないでしょう。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です